閉じる

がんになっても毎日は続く。楽しいことだってある。

発覚


「胸に『しこり』がある」という自覚症状は前からあったけれど、特に病院に行くこともなくって。まさか悪いものだなんて思っていませんでした。

受診のきっかけになったのは、北斗晶さんの乳がんのニュースです。
一人では不安で行けなかったので、母親と一緒に病院に行き、そこでマンモグラフィー検査して、超音波画像みながら細胞診検査をしてもらいました。

後日検査結果を聞きに行くことにまた受診しに行くのですが、その日も一人では行けず、結果の日も母親と一緒に病院に行き、そこで「乳がん」だと言われました。
2015年10月のことでした。


ひとえに乳がんっていっても、数種類あって、私の場合は、「トリプルネガティブ」というタイプの乳がんでした。
いまのところ、有効な治療方法が、『手術』・『抗がん剤』・『放射線治療』しかないタイプです。 私の場合は、主治医と相談して抗がん剤治療をしてから、手術をするという事になりました。


治療がはじまった


最初に抗がん剤治療したのは、2015年の11月です。
私の行った治療は、3週間に1回ずつ抗がん剤を投与する方法です。
私は入院とか嫌だったので最初から最後まで、外来(通院)で抗がん剤治療しました。

薬の種類にもよると思うのですが、投与してすぐしんどくなるという訳でははないので、ちゃんとお会計までして帰れます。
私は、副作用として、アブラキサンを投与後、5~6時間後に吐き気が出始め、2~3日間常に強い船酔いが続く感じです。働きながら治療していたので、金曜日に投与して、土日休んで、月曜日には出勤していました。 一回目の投与から18~21日後ぐらいして、脱毛が始まり、仕事に、ウィッグで行くようになりました。抗がん剤の治療中、体から疲れがどんどん抜けにくくなってきて、2016年3月から仕事休みました。 2016年4月に術前の抗がん剤治療が終了し、2016年5月に右乳房全摘手術しました。

術前抗がん剤治療だったので、治療中がんが全身にまわってしまうのではないかという不安が常にあったので、胸がなくなるという悲しさよりも、がんを取り除くことができるっていう安心感のほうが大きかったです。
その後、2016年6月から放射線治療を25回おこないました。
2016年7月からは無治療ですよ。

その後の毎日は


治療が終わってから2ヵ月後の2016年9月に仕事復帰しました。
週3回から慣らしていって、今は週4回勤務しています。
仕事復帰して1ヵ月後の2016年10月に、脱ウィッグをしました。
最終抗がん剤治療から半年ぐらいでの脱ウィッグでした。

ウィッグ。
最初は病院内の展示されているウィッグを見たり色々探しました。
でもなかなか良いものがなくって、結局大手の20万円くらいのウィッグを購入しました。 抗がん剤治療が始まるちょっと前くらいだと思います。
リネアのウィッグは最初「洗い替え用」として「天使のボブ」を購入しました。よくわからなかったので、『オススメ』って書いていたのを買いました。

脱毛している時って、何をしても気分があがらなくなるんですよ。家でじっとしていても悪いほうに悪いほうにしか考えられないので、これじゃダメだって、お洒落したいって、乙女心を取り戻したいなって思って、 「天使のエマ」を購入しました。 ロングのウェイブなので、色々アレンジしたりして気分転換にもなりました。 自毛ではこんな綺麗なロングヘアーできないので、気分がすごくアガりました(笑) オシャレしたら、外出したくなって、外出したら楽しくって、今ぐらいしか、堂々とウィッグかぶったりできないなら思いっきりenjoyしようと思って、その後に他の天使シリーズも購入させてもらいました。

インスタとかOFF会とか


自分のインスタに治療中の写真とか、「治療中のあるある」を描いたイラストとかをあげています。 少しでも治療前・治療中の不安が少なくなればいいなって思って。インスタを通じて同じように治療中の人とつながったりOFF会やったりもしてますね。 イラスト面白いですか?ありがとうございます(笑)

メッセージ


乳がんのせいで切れた繋がりや縁もあるけれど、それは切れるべき繋がりだったのかなぁ・・・と今は思います。逆に乳がんのおかげで、できた友達もいますし、その友達には今でも定期的に連絡取り合って仲良くしてます。
辛かった時、本当に落ち込んでいた時に、力になったのはそんな友達・家族の励まし・支えでした。何もしなくても、言わなくても そばにいてくれるだけで救われました。
だから、そうですね...。
「終わりじゃないよ」って。
「がんになっても、その後も生活は続いていくし。
楽しいことだっていっぱいあるよ」って。
そう伝えたいですね。






INSTAGRAM @30da30da

Sawa-chan's HISTORY

  治療、ウィッグ、お仕事などあれこれ。

  • 2015年10月乳がんとわかる。
  • 2015年10月初めてのウィッグ購入。大手ウィッグ会社で20万円ほどのウィッグ購入。
  • 2015年11月抗がん剤治療(アブラキサン)スタート。18〜21日後から脱毛開始
  • 2015年12月ウィッグ着用開始。洗い替えように「天使のボブ」を購入。
  • 2016年1月「天使のエマ」その他の天使シリーズを購入。
  • 2016年3月仕事休職。
  • 2016年4月抗がん剤治療終了。
  • 2016年5月右乳房切除術施行。
  • 2016年6月放射線治療。(50グレイ×25回)
  • 2016年7月治療終了。
  • 2016年9月仕事復帰。(週3回から開始)
  • 2016年10月脱ウィッグ!
  • mixiチェック

リネアウィッグサービス

リネアウィッグサロン

リネアウィッグのプチ情報

お困りの場合は

    • お電話でのお問い合わせ
    • 0120-947-513
    • [受付時間 平日 10:00~18:00]
    • メールでのお問い合わせ
    • info@linea-storia.com
  • お電話でのお問い合わせ
  • 0120-947-513
  • [受付時間 平日 10:00~18:00]
リネアウィッグの夢は、「最高につけ心地がよく、見た目も自然な思想の医療用ウィッグ」をつくること。ウィッグを必要としてくださる全ての方の味方です。商品に関する、ご意見、ご相談などお気軽にお問合せください。

お届けに関しまして

  • ゆうパック、ヤマトDM便での発送となります。(ご指定頂きましたら、佐川急便での発送も可能です)通常便での配送料金は540円となります。
  • お昼の12時までにご入金が確認できたご注文分は当日に発送させていただきます。銀行振り込みでのご注文はご入金を確認させていただいてからの発送となります。土曜日・日曜日・祝祭日はお休みをいただいており、発送も翌営業日の発送とさせていただいております。
  • ゆうパックの場合、発送からお届けまで通常1~3日ほどとなっております。ヤマトDM便の場合、2~5営業日ほどかかります。
  • 配送日時指定 ご注文の際に到着時間をご指定いただけます。
  • お届け日をご指定の場合は、ご注文画面最後のコメント欄にご記入下さい。
    なお、14日間を超える日付のご指定は承れませんので、ご了承くださいませ。

お支払いにつきまして

  • 銀行振り込み・クレジットカード・代金引換・コンビニあと払いがご利用いただけます。
  • 銀行振込をご利用のお客様で、ご入金いただきます口座(送金元口座)の名義人がご注文者様と異なる場合は、ご連絡をお願いいたします。
    ●銀行振り込みの場合

    楽天銀行(旧イーバンク銀行)支店番号 251(第一営業支店)

    普通 口座番号 7093818

    名義人 カ)リネアストリア

    ジャパンネット銀行 支店番号 022(すずめ支店)

    普通 口座番号 5297740

    名義人 カ)リネアストリア

    ●郵便振替の場合

    記号:14160

    番号:29317651

    名義人 カ)リネアストリア

キャンセル・交換につきまして

  • 到着いたしました商品に不具合がございます場合は、大変お手数ですが、商品到着から一週間以内に、弊社に電話カメールにてご連絡くださいませ。交換、あるいはご注文キャンセルによる返金をさせていただきます。
  • 商品の不具合以外の返品・交換は原則として承っておりませんが、ご不明な点はご連絡いただけましたら幸いです。
  • 商品の発送後のキャンセル・変更・同梱のご依頼などは承ることができません。商品の発送処理は、毎営業日(月曜から金曜)のお昼の12時に致しております。その時間を過ぎてしまいますと、発送手続きに入ってしまい、変更・キャンセルなどができなくなりますので、ご了承くださいませ。
  • 対象ウィッグに限り、お客様都合による返品が可能です。詳しくは満足保証サービスをご覧くださいませ。

プライバシーポリシー

  • リネアストリアでは、ご注文時に知り得たお客様の個人情報を、配送作業以外に使用したり、第三者に漏えいすることは決してございません。また、個人情報の適切な管理に努めます
ファッションウィッグサイトへ