• フルウィッグミディアムマシンメイド セミディ人毛100%
  • フルウィッグショートマシンメイド_ショート人毛100%
  • フルウィッグミディアムマシンメイド_シルエットボブ人毛100%
  • フルウィッグ「インナーカラーウェイブミディ」
  • フルウィッグミディアム天使のレイヤーミックスカール
  • フルウィッグショート 天使のクレアショート
  • フルウィッグショート 天使のマシェリボブ
  • ヘルシーショート
  • フルウィッグ HEART BEATショートボブ
複数のカテゴリで絞り込む
種類
他の条件で絞り込む
長さ
素材
製法
サイズ
カラー
つむじの形状
こだわりポイント
対応サービス

突然の「強風対策」、みんなどうしてますか?



ウィッグ生活をしていると気になるのが「風」。
ビルの谷間風や自転車に乗った時、そして地下鉄ホームなんかでの下から吹き上がってくるような風。そんな「突風」対策は、みなさんどうされていますか?




心強い帽子やヘアバンド。

やはりウィッグの上に帽子などをかぶるとウィッグが安定してずれにくくなります。 多少の風が吹いても、帽子と一緒に頭を抑えれば安心感もありますよね。

そしておすすめなのが、「ヘアバンド」。
帽子よりもウィッグをしっかり固定してくれるので安心!帽子と違って飛んでいく事もなさそうです。
さらに服装に合わせていろんな種類のヘアバンドを試したり、おしゃれを楽しみながらコーディネートできちゃいます。



もみあげの浮き上がりには?

次に気になるのが、風でウィッグがなびいた時の「もみあげ部分」。
もみあげ部分の髪が風になびいて浮いてしまうと地毛のおくれ毛がない分、不自然に見えてしまいますよね。
そんな場合には、フェイスラインのウィッグの髪の毛をカットする事で「うぶ毛」を作る事も可能です。
リネアウィッグサロンでは美容師が「うぶ毛カット」しておりますので、ぜひご相談ください。

もみあげ部分の浮き上がりを抑えるには「医療用両面テープ」をもみあげ部分に貼るという方法もあります。
それよりもお手軽な方法としては、「メガネ」を使う方もいらっしゃいます。 メガネの柄をウィッグのもみあげ部分の上からかけて、浮き上がりをおさえることが可能です。
伊達眼鏡でも大丈夫ですので、ぜひ一度お試しください!