• バンダナウィッグミディ人毛MIX
  • 総手植え前髪ウィッグ サイドラインバング
  • 【ご自宅試着】ベーストップカバーワイド人毛100%
  • ベーストップカバーワイド人毛100%
  • フルウィッグロング 天使のフラッフィーカール
  • フルウィッグミディアム HEART BEATボブ
  • ブリッジポニーテール フラワーカールミディ
  • フルウィッグロング マーメイドウェイブミディ
  • フルウィッグロング ふんわりサイドパートミディ

施設によって安全基準が異なるため事前に確認を!

ウィッグを着用したままアトラクションを楽しむことができるのか・・・気になりますよね?

実は・・・!!
施設によってはウィッグを着用したまま乗車できるか明確に記載しているところもあるんです。

例えば、USJ!※リンク参照
USJはアトラクション別で掲載しているのでわかりやすいですよね。
このようにウィッグを着用したままだと乗車できないアトラクションもあるので"事前に施設に確認を!"
一緒に行く方にウィッグユーザーだと言ってない方は当日「これは乗れるかな?」「あれは大丈夫かな?」と毎回ドキドキしながら周るのも一苦労ですよね?
そのためにも事前に確認はマスト!

ウィッグを着用したまま楽しめるアトラクションも?!

ですが、もちろんウィッグを着用したまま楽しめるアトラクションも!
実際にスタッフもウィッグを着用したまま遊園地に行きアトラクションを楽しむこともしばしば♪

その際は他の記事でも紹介したように・・・
"アンダーキャップ・両面テープ・ヘアーバンド"で固定力を補強することも忘れずに!

ついついはしゃぎすぎて「ウィッグがずれてしまった・・・」
なんてことがないようお手洗いに行った際にチェックもしておくといいかもしれません。

そして歩き回っていると、やはりここでも心配なのは"汗問題!"ですよね?

「汗をかいたので両面テープの粘着力が弱くなってきてるかも?」 そんな時の為にも念のため"両面テープ"の替えを持っていくとより安心♪

ちなみにスタッフはアトラクションに乗車する際ウィッグが飛ばないようパーカーのフードを被り、ヒモをきつくしばったり。
長さのあるウィッグの時は毛先を安全バーと一緒に押さえたり・・・と試行錯誤しながら楽しむことも。
ですが、もちろん無理をせず、安全性・体調等を考慮して楽しんでくださいね。