• ヘルシーショート
  • フルウィッグ HEART BEATショートボブ
  • 総手植え前髪ウィッグ ナチュラルバング
  • グリッターメッシュエクステ(2本セット)
  • グリッターメッシュエクステ
  • フルウィッグロング HEART BEATロングウェイブ
  • フルウィッグロング HEART BEATロングウェイブ
  • フルウィッグショート 天使のクレッセントミディ
  • フルウィッグショート 天使のカジュアルショート
複数のカテゴリで絞り込む
種類
他の条件で絞り込む
長さ
素材
製法
サイズ
カラー
つむじの形状
こだわりポイント
対応サービス
脱毛症の方へリネアストリアコラム人毛ウィッグのメリット・デメリット

人毛ウィッグのメリット・デメリット

各記事固有の画像
2019.08.23
カテゴリ:ウィッグの知識

前回、人毛と人工毛(ファイバー)のフルウィッグのメリット・デメリットについて詳しく解説させていただきました。
その中で、人毛ウィッグ、人毛フルウィッグがどうやって作られているのか、そのメリットやデメリットについてご質問をいただきましたので、
今回は人毛ウィッグについてもう少し詳しく解説させていただきます。

人毛ウィッグの作られ方

人毛100%のフルウィッグがどうやって作られるのかについてですが、当たり前のことかもしれませんが人毛のウィッグを作ろうとすると、誰かの髪の毛をいただいて、その髪の毛で生産するしかありません。
そのことから人毛は人工毛と違って大量生産は難しいですし、伸びるのには時間がかかります。

LINEASTORIAの人毛はそのほとんどが、中国の方から集められています。
人毛の産地を大きく分けると、中国の人の髪の毛、インドの人の髪の毛、ブラジル、ウクライナなども有名です。
少し悲しい話ですが、人毛を伸ばしてある程度の長さになったらカットして売却している方がいらっしゃいます。
そんな方達は、カラーリングやパーマなどはもちろんせずに、髪の毛を大切にケアしながら伸ばしています。
LINEASTORIAが主に中国の方の髪の毛をセレクションしているのは、カールが少なく、やはり日本人の髪質に最も近いからです。
(インド毛やブラジル毛の場合、強いカールがついています。ウクライナの方の髪の毛は主にヨーロッパのウィッグ市場向けです。)

カットした髪の毛はすぐに先端をゴムで留めて、人毛の方向がバラバラにならないように厳重に保管します。
お一人の髪の毛から一つのウィッグを作るのは不可能で、だいたい5〜10名分の髪の毛を集めて、やっとひとつのフルウィッグを作ることができます。
だいたい似た髪質、色あい、触り心地の人毛をセレクションしてブレンドし、 その髪の毛を植毛することで人毛フルウィッグが完成していきます。

人毛ウィッグの折り返し部分について

人工毛ではあまり意識することがないのですが、人毛ウィッグで考えるべきことが「折り返し部分」です。

例えば人工毛の場合、30cmの長さのウィッグに使用されている毛の長さはその倍の60cmほどです。
これは、フルウィッグのベース部分で毛を結び、その反対側がもう一度毛先側に伸びている為です。

人毛100%フルウィッグの場合、折り返し部分に問題が生じます。
品質のよい人毛にはキューティクルという「うろこ」状の膜が毛の表面についていて髪を保護しているのですが、
このキューティクルが折り返した部分にあると、「うろこ」が逆方向になってしまい、絡みの原因となる為です。
このため、押し返し部分のキューティクルは完全にはがした状態に処理をする必要があります。

また人毛フルウィッグの場合、長い人毛を使用すればその分価格が高くなってしまいますので、折り返し部分を少し短くして使用することが一般的です。
人毛のフルウィッグをよく見ると、つむじから10cmくらいのところに、つんつんと短い毛が出ていることがありますが、
あれば折り返し部分の毛先となります。

人毛フルウィッグの自然さについて

フルウィッグに人毛100%を使用することのメリットはやはりその自然さにあります。
人工毛の場合は、きれいな人工毛を再現することは比較的可能ですが
人毛は、10台20代でもない限り、ある程度髪の毛が傷んでいてツヤが失われている髪の方が一般的です。
そのため、人工毛でフルウィッグを作ると「髪の毛がきれいすぎる」という現象になることがあります。

その点、人毛100%の場合は本当に人の髪の毛ですので、年齢に応じた「髪のダメージ具合」を再現することも可能です。
今までのウィッグから新しいウィッグに切り替える際にも、急に髪の毛が綺麗になりすぎるのもすこし気が引けますよね。
そういった際にも、人毛100%のフルウィッグなら、ある程度傷んだくらいの自然さ、というのも再現が可能です。

人毛ウィッグのデメリットについて

人毛ウィッグのデメリットといえば、やはり値段の高さが挙げられます。
それもロングのウィッグになればなるほど価格がどんどん上がっていきます。
人工毛の場合は、フルウィッグの長さによって価格の差はそこまではありませんが、人毛100%の場合は3〜5倍ほどに価格が上がってしまうこともあります。

またもう一つのデメリットとして、人工毛に比べるとメンテナンスが重要であるということも言えます。
よく「人毛ウィッグの持ちはメンテナンスで決まる」と言われますが、
どのようにシャンプーするか、メンテナンスするかによって、長くきれいに使用できるかが決まってきます。

まとめ

以上、今回は人毛ウィッグについてまとめてみました。

  • LINEASTORIAの人毛ウィッグは中国の方の髪の毛から作られている
  • 人毛ウィッグの折り返し部分は人工毛に比べて短く、キューティクルを剥がす処理をしている
  • 人毛ウィッグは人工毛に比べると、ある程度傷んだ自然な髪質も再現可能である
  • 人毛ウィッグのデメリットとしは、高価であること、メンテナンスの難しさがある

いかがだったでしょうか? 前回のこちらの記事ではさらに細かい人毛の種類についても解説していますので、ぜひみてみてください。